家を運ぶ人形

料金を節約する方法

箱を持つ人

時期を選んで安くする

就職や進学、転勤などで転居をすることになったら引越し業者を手配しなければならないです。実は、引越料金には定価というものがないのです。業者によっては依頼する時期によって一番激安な時期と比べると繁忙期は2倍近い料金になることもあるのです。激安な料金で、上手な引越しをするコツは、安い時期を選ぶことです。安い時期となるのは、依頼が少ない閑散期です。つまり、世の中の多くの方が引越しする時期を避けること、たったこれだけのことで激安な料金になることがあるのです。では、その激安になる閑散期はいつなのか、それは6月です。6月の引越し料金が安くなる理由は、祝日が1日もないからです。また、多くの方は新年度に伴う転居は遅くても5月上旬のゴールデンウィークまでに終わらせてしまうことから、6月は閑散期となるのです。また、夏休みに入る前の7月も比較的空いています。冬シーズンは、11月です。新年を新居で過ごすために12月中に引越しを計画している方も多く、その前の月の11月も6月ほどではないですが比較的空いているのです。こういった時期を狙うことで引越し料金を安くすることができるのです。だからといって、一般的に考えて自由な時期に転居できるという方は少ないです。繁忙期でもなるべく料金を節約したい方は、平日に引越しをされることです。土日は依頼が集中するので割高になります。また、月の中でも月末に集中しますので、月の上旬から中旬にかけての平日が割安になります。